アムール!!

柚香光様をお慕いしております

FLYING SAPAのゲスな感想

こんばんは、今日一日仕事でしたが、明日からまた四連休!幸せです。

さて、昨日はお休みをとって、宙組FLYING SAPA映像観劇でした。

f:id:danielchang:20200812222105j:image

絶対ネタバレに遭遇したくなかったので、タカニュの初日映像も、ナウオンも、SNSも避け続け、ようやく無事に映像観劇を迎えました!

自分は、ネタバレを避け続けたけど、私は盛大にネタバレします。

正確には、ネタバレできるほどストーリー理解できていないけど、久美子先生がエンタテイメントの要素として入れ込んだ部分について触れる気マンマンなので、結果としてネタバレになっちゃうかもしれません。

 

では、まず全体について・・・いやぁ、難解だった。

メッセージ性が強そうなんだけど、あまり受け取れていない自分の脳みそを恨む。

素数にはどういう意味があったんですかね?

SNSや、ブログのサパ考察を読んでは、そこまで考えられる皆さんに感心してばかり。自分が恥ずかしい。

 

こういう前衛的なお芝居を学生の頃に、観たことありました。頭いい大学の演劇部でやってそうな…。そういう難しめのお芝居を、このキラキラした美しきタカラジェンヌさんたちがやってるのがまず新鮮だった。小難しいお芝居と、キラキラタカラジェンヌの親和性は微妙ではあるんだけども・・・

 

 

 

1 まっぷーさんの巧みさ!

松風輝さん(以下、まっぷーさん)すごかった!

女役ということは、うっすら知っていたので、男役がやるから、裏のある癖のある女かと思いきや、本気で聖母的なお母さんでした。

そして、男役さんって、そういう人多いけど、女性になったらただの美人!

まっぷーさん美人やん・・・

 

このお母さん役でも驚いてたんだけど、冒頭に出てくるお菓子をとった子どももまっぷーさんなんですって?目が隠れていてわからなかったけど、お友達に聞いてびっくら。

今回のまっぷーさんや、神々の土地のりんきらさんもだけど、久美子先生の作品で女役する人って、いい味出しますよね・・・

 

 

 2 夢白ちゃんすごいや

サパで一番インパクトあったのは、夢白ちゃんの存在感!!!

なんなら、まどちよりもいいお役だったのでは・・・(小声)

 

まずは黒の細身のファッションに金髪ショートで超絶かっこいい。

途中で過去の姿はコンサバなお嬢さん。

コンサバお嬢さん時代に、真風を見つめてまつ毛をパチパチする場面があったんだけど、それがあざといようであざとくない正真正銘のお嬢様で、金髪ショートのかっこいい女性像以外の古典的なお嬢様もちゃんとできるんですね。

最後は、サバサバしつつも、包容力ある大人の女性に。

 

夢白ちゃんの三段活用ですよ!

そして、それができる子なのね。

ダンスが上手というのは知ってたけど、お芝居も上手なのだと認識しました。

まあ、美人だし、存在感あるし、これからも夢白ちゃんがもっと観たい!

 

なんか、過去についていろいろ言われてたりするけど、それはもういいんじゃないかな。

若いお嬢さんだから、ついうっかりということはあるだろうし、何の努力もなしに、今のこの舞台での姿には到達できないと思うので。きっとすごく努力して、真剣に自分に向き合ってるのだと思う。

 

これまでも気になっていた娘役さんだったけど、今回で完全に好きな娘役さんに全振りしました。

 

 

3 真風の「お前はオレの身体を知りすぎている」発言

これ、これですよ。

サパのハイライトと言えば、ここですよね(たぶん違う

私は、今日一日このことばっかり考えてたよね。

 

まず、白い布が動いていて、3組の男女らしきシルエットが薄っすら見える。

これってもしや?と思ってると、白い布からベッドに横たわっているような真風さん(親愛の情を込めて真風と呼び捨てしてしまうこともあります)と夢白ちゃん。

 

もう、この事後感がすごくてですね・・・

宝塚で、寝てる二人をアップで映されることが滅多にないからかもしれないけど、当然二人は服を着てるんだけど、服もないほうが自然に感じられるくらい、そういう感じなのでした。

その状態で真風が言うのが「お前は、俺の身体を知りすぎている」ですよ!!

ゆ、夢白ちゃん何したの!?

 

また、真風さんがこのセリフを言うというのがいい。

大人で、経験豊富そうな雰囲気があってさ。

 

その後、真風が年齢を聞かれて、「4歳」って言うんだけど、それがなんだか胸キュンでして・・・

記憶をなくしてるから、今の自分になってから4年ってことなんだけど、それまで自分を4才って言ってなかったから、気を許した相手に甘えてる感が・・・なぜか女心くすぐられました。

 

この場面、すみれコードぶっちぎりでしたが、以前にも宝塚ですみれコードぶっちぎりだな!と思ったのは、久美子先生の「金色の砂漠」の明日海さんと花乃ちゃんの情事っぽいダンスだったので、久美子先生はすみれコードの限界に挑んでおられるのでしょう。

生々しくはないんですけどね、美しいんですけどね、だからこその耽美性というのかな・・・(早口)

 

私、この場面についてなら何時間でも語れるな。

 

 

あとは、キキちゃんが、「金色の砂漠」と同じく、包容力あふれるやさしいジェントルマンだったので、久美子先生はキキちゃんにそういうお役させたいんだな、とか。

しどりゅーくん、目立ってたな、とか(どういうお役だったのかはいまいち消化しきれてないけど)

愛海ひかるちゃんに似てる娘役さんがいるな、と思ったら、本当に愛海ひかるちゃんが女役していて、綺麗な足を惜しみなく披露していたとか、雑念はたくさんあるのですが、今日のところはここまで。

 

 

 夢白ちゃんはモロッカンオイルご愛用らしい。