アムール!!

柚香光様をお慕いしております

エリックがまともだった2011年花組「ファントム」【映像観劇】

こんにちはこんばんは、ダニエルです。

先日のスカステ2011年花組「ファントム」観ましたか?

蘭寿とむさんのお披露目公演。

f:id:danielchang:20200428011135j:image

私は、「ファントム」のストーリーはわりと苦手なんですよね。

誰一人共感できないキャラクター。だが、歌がよい、そんな作品と認識してます。

しかし、花組ファントムはとても満足度高かったし、泣けた。

私のファントム歴は2006年花組を映像で(春野寿美礼さん)、2019年雪組(望海風斗さん)は舞台で鑑賞です。

雪組版ですが、のぞ様エリックがサイコパスだった。当初から病み気味だけどピュアな側面もあり・・・わりと冒頭で純粋そうに人を殺すので狂気を感じて怖かった。のぞ様は狂気を演じるのが本当にお上手ですよね(褒めてます。。

咲ちゃんキャリエールは爽やかそうなのに、サラッと不倫していてそれも引いた。そりゃベラド-ヴァもおかしくなっちゃうよ。真彩ちゃんクリスティーヌも、天使の歌声で仮面を取ってと歌ってからの仮面をとったエリックを拒絶するのひどくないか・・・?話ずれますけど、真彩ちゃんはのぞ様を受け入れるかと思いきやひどい仕打ちをするお役が多すぎやしませんかね?

登場人物全員がなんだかやばいのに、歌が圧倒的にうまい、それが雪組ファントムでした(偏った主観)。

 

ちなみに、You Tubeで流れた「オペラ座の怪人」25周年記念公演は、ながら観だったのもあってストーリーはいまいちわからなかったです・・・が、歌は素晴らしかった。

「オペラ座の怪人」劇団四季や、映画版も観てるはずなのに、なぜこんなにストーリーが入ってこないんだろう。

 

で、蘭寿さんの「ファントム」。エリックがまともでした。

なかの人の優等生ぶりがにじみ出てたのかな・・・(首席だから)。エリックがいいやつでした。

壮さんキャリエールは包容力にあふれていて、もちろん壮さんキャリエールも不倫してるわけだけど、堂々としてるし、男の魅力にあふれてるから、謎の説得力が。

最後の方のエリックとキャリエールの場面で、エリックがいいやつだからかわいそうだし、パパの愛情がーーーー(涙)。壮さんパパがダンディで、包容力あって素敵。

 

同じ公演でも、出演者によって全然違うんですね。

 

ちなみに、このファントム観たのは、従者役のご贔屓を探すのが第一目的だったんだけど、かなりの確率で発見できました(そもそもそんなに映りこまないけど)。ご贔屓友達とLINEしながら観てたので、互いに答え合わせしてたんだけど、どんなにモブでも基本的に映ったらわかりました。自分たちがこわい。

小顔で、後頭部がツルンとしたスタイルいい華奢な男役、それが若き日のご贔屓です。

 

あとは、朝夏まなとさま(まぁ様)シャンドン伯爵が笑っちゃうくらいかっこよかった。白タキシードがお似合いでした。

望海風斗さま(のぞ様)と瀬戸かずやさん(あきらさん)が割とシンメで出てきたのも驚いた。この頃ののぞ様はまだまだかわいい雰囲気が残っていて、この後ギャングやらこじらせまくった男を演じさせたら右に出る者はいない狂気系男役(勝手に名付けた)になるとは予想もできない。

また、幼い頃のエリック役の実咲凛音(みりおん)がパーンと出てきて勢いがあって、かわいかった。これは、このあと最短コースでトップ娘役になるよね、って感じでした。ロケットもセンターだった。ロケットの中央三人がみりおん、ゆきちゃん、音羽映見ちゃんでした。

 

最近は、宝塚の自分が実際に観劇した公演の映像観ると、幸せだった当時を思い出して悲しくなるので、あんまり観てなかったんですけど、そもそも観劇してなかった頃の公演だと素で楽しめるのでこれからは宝塚ファンになる前の作品を積極的に観ようかな。

宝塚は、供給が多いので、若き日のご贔屓(若き日のキャリエールみたいに言うな)の映像も、そんなに追えてないので、いい機会かも。

 

 

圧倒的に歌がいい雪組ファントム。