アムール!!

柚香光様をお慕いしております

名古屋限界遠征

こんにちはこんばんは、ダニエルです。

のぞ様、真彩ちゃんショックは消えないけど平常心を取り戻しつつある私です。

 

先週、名古屋限界遠征してきました。

何が限界って、お金のことじゃないの。タイムスケジュールが、限界だった。そんな一日について。

ちなみに、私は北陸の民でして、東京よりも大阪よりも名古屋が心の距離が近い。

正確に言うと、時間的には東京が最短だけど、私の最寄り新幹線駅まで車で行かないといけないし、新幹線が費用としては高いので、片道3,000円の高速バスで到着できる名古屋はもはや地元では?な認識(同じ中部地方だし)。

 

 

 

1 到着と同時にヅカ友とモーニング

6時半に地元を出発したバスで、9時半に名古屋に到着。と同時に、名古屋のヅカ友と合流。移動しつつ、ずっとおしゃべりを繰り広げた。

名古屋と言えば、モーニングなので、行きたいお店をたくさん調べてたんだけど、結局御園座の近くの上島珈琲店でモーニング。

ちなみに、今後の参考に、今回調べたモーニングのお店を書き連ねておく。

 

・コンパル:明日海りおさんが好きだとかつて語っていた。エビフライサンドが美味

・シャポーブラン:パン食べ放題らしい

・クックタウン:ホットサンドが美味しいらしい

・鯛茶福乃:鯛茶づけや、卵かけごはん。和食の朝ごはんもいいよね

 

いつか行きたい。来年の花組の御園座公演の時に(希望的観測)。

ヅカ友とは、一時間しゃべりまくったけど、時間足りなかった。宝塚の話してると、時間過ぎるの早すぎて、どれだけ時空歪むんだ、と毎回思う。

お友達は、名古屋嬢らしく巻き髪にワンピでさすが名古屋だったんだけど、私はこの日の予定上リュックにスニーカーの軽装だったのでちょっと恥ずかしかった。

 

 

2 御園座 月組「赤と黒」11時公演観劇

もともと観る予定ではなかったんだけど。

というのも、この日のメインイベントは午後に控えていて、その入場に間に合うには、「赤と黒」観終わって移動するとギリギリになりそうだったんですよね。

それで、臨時的に名古屋にできてるキャトルでも行って時間つぶそうかと思ってました。

せっかく「赤と黒」やってるけど、私は柴田先生は当たりはずれが結構あって、すごく好きか、苦手のどちらかなんですよ。

それで、そこまで前向きではなかったんだけど、せっかく宝塚の公演をしている地に赴くのに、宝塚を観ないという選択をすることはできず、次の予定に間に合うかわからないけど、観劇することにしました。

超過密スケジュール覚悟で観た「赤と黒」は、好きなほうの柴田先生でした…!よかった~。とてもよかったので、この感想は改めて。

 

 

3 幕間キャトルチャレンジ

「赤と黒」観劇の後は、直ちに次の現場に急がねばならないので、観劇後にキャトル行く余裕がありませんでした。

これは、幕間に行くしか…!

www.tca-pictures.net

なぜ、そこまで名古屋キャトルに行きたかったと言うと、名古屋キャトル限定グッズの販売があったから。

トップスターたちのクリアファイルやポスカ。トップスターのイラスト(グラフにも出てるますっくさん作)のグッズなど。

私は、ご贔屓の顔が掲載されているグッズは無条件で欲しくなるタイプなので、それが名古屋限定でキラキラしているとなると、せっかく名古屋に赴いているのに買わないという選択はできず…。

そして、ご贔屓友達に名古屋行きを伝えると、高確率でお買い物を頼まれたので、この幕間キャトルはもはや私だけの挑戦ではなく、友情もかけた挑戦になったわけです。

ところで、私はご贔屓の本当の顔が好きなので、イラストになると食指が動かないんだけど、意外とお友達たちは、イラストのグッズが欲しかったようです。フリクションペンが人気でした。

このフリクションペン、2,000円するんですよ?私、そもそもフリクションペンが使いにくいので(油性ボールペンが好きだ、特にジェットストリーム0.5)、これは購入対象外だったんだけど、友人分を複数買いした。みんなイラストでもご贔屓好きなんだな…

 

それで、この幕間キャトルが何がチャレンジかと言うと、大劇場や、東宝みたいに劇場のすぐ横にキャトルがあるわけではないのであった。御園座から少し離れたヒルトン名古屋内にあるのです。

名古屋行く前に、フォロワーさんに幕間キャトルが可能か聞いてみてたら、幕間キャトル空いていてよかったよ!って猛者と、トイレ時間を捨てるならば可能かも、という慎重論をいただきました。

 

私としては、キャトルに行けるのは幕間しかなかったから、なんとしても成功させたく、「赤と黒」観劇前に、御園座からキャトルまで歩いて往復するリハーサルをしておいた。

そうしたら、御園座からキャトルまでは、5分あれば着く。

要は、座席から、御園座を出るまでにどのくらいかかるか、がポイントだとわかった。

 

ちなみに私の席は、2階席で通路から少し入ったところ。通路までスムーズに出なければ。

 

いざ、一幕が終わって、幕が下がると同時にオペラをバッグに入れて、すぐさま立ち上がる私。周りの皆さんはゆっくりされてるので、「失礼します」と言いながらそそくさと扉に向かう。そこからはできる限りの早足で歩き、階段を降り、御園座脱出成功。

大劇場や、東宝だと、宝塚観劇に慣れまくったプロが多いので、休憩に入るやいなや(as soon as)、みんなトイレに早歩きで向かうけど、御園座にはそこまでプロがいないようで、みなさんわりとゆっくりしてました。その人たちをいかに早く追い抜くか、が御園座脱出の重要ポイントです。

 

御園座を脱出できたら、あとは早歩きでヒルトン名古屋に向かうだけ。休憩開始から5分後くらいにはキャトルに到着できました。

 

幕間キャトルしている私をねぎらってくれているトップ様たち。

f:id:danielchang:20200221001933j:image

到着してからは、事前に作成しておいたお買い物リストを参考に、買うべきものをササっと購入し、さらに観劇チケットを示して特製ノベルティのポストカードもゲットし、さらにヒルトン名古屋でトイレを済ませて、御園座に戻り、開演5分前には着席できました。この日の名古屋は寒かったようだけど、席に戻った私は汗をかいていたのであった。

f:id:danielchang:20200221001943j:image

 

4 観劇後直ちに次の目的地に移動

公式によると、「赤と黒」は約3時間となっていたけど、公演って、ご挨拶あったりで、3時間10分くらいかからないですか?そんな印象があったので、最悪フィナーレを諦めて、途中退場すべきかも、と悩んではいました。

 

が、事前にフィナーレがどちゃくそにかっこいいというレポを複数回目撃したので、これは観ないという選択はできな…(以下略)。

まあ、通路にすぐの席でもなかったので、暗転したときに席を立つといっても迷惑になりそうだし、これは次の予定に少し遅れる覚悟で最後まで観ることを決意。

ちなみに、フィナーレは本気でかっこよかった!観られてよかった!!

 

公演が3時間ぴったりに終われば完全に次に間に合う。3時間10分だと、少しギリギリになる、という状況。

 

実際は、公演は3時間で終わりました。終わったと同時に、幕間キャトルでつかんだコツで、ササっと御園座を脱出し、地下鉄伏見駅へ(御園座からすぐ)。

栄で、名城線に乗り換えるんだけど、この名城線が難易度高かった。右回りとしか書いてないんだけど、それって、目的地に着くの?っていう…

名城線に惑わされ、一本逃すミスはあったけど、この時点で、次の目的地には間に合う確信が持てました。

 

 

5 Perfumeナゴヤドームコンサート

f:id:danielchang:20200221002122j:image

これがそもそもの名古屋遠征の目的。

私、最近コンサートにはまっていて、10年くらい行ってみたかったPerfumeコンに参戦してみた。

登場シーンは、かわいー!!!ってなるのかと思いきや、予想をいいほうに裏切ってくれて、かっこよかった。

それなのに、トークになると、途端にゆるゆるになるギャップが最高でした。

 

ドームコンサートと言うと、昨年の明日海さんの恋スルアリーナしか経験のない私なので、ドキドキだった。

恋アリは、オールシッティング(ずっと座ってる)だったんだけど、さすがにPerfumeはそんなわけなく。普段、拍手しかしていないヅカオタなので、周りのプロたちを見ながら、フリを踊ってみました。

 

あと、恋アリは、アリーナ席と、スタンドの近い席だったので、わりとジェンヌさんのお姿が見えたんだけど、今回は、本気でPerfumeちゃんたちは豆粒だったというか、ミニチュアのお人形みたいだった。

それでも、すごく小さいのに、絶対かわいい!っていうのはわかる。

 

「赤と黒」観劇から来てるから、劇場用の6倍オペラ持ってたけど、ドームでは6倍オペラでは太刀打ちできず、オペラを覗いても豆粒(笑)

もちろん、スクリーンがいくつかあって、そこには三人の表情が映ってるんだけどね。せっかくコンサートに来てるんだから、生のお姿を見ておきたい気持ちがあって、小さいお姿を焼き付けてきた。ジェンヌさんと筋肉の付き方が違ってましたね。ジェンヌさんのほうが筋肉質。Perfumeの筋肉はしなやかだった。

 

コンサートめちゃめちゃ楽しかった。

こちらが勝手に見に来てるのに、「ありがとう」って何度もお礼を言ってくれて、最後には何度も深々とお礼をしてくれた。涙。

また行きたい。

 

ところで、マチソワすると必ず眠くなる私だけど、観劇とコンサートの組み合わせだと、眠くならなかったです。

でも、コンサートと観劇の順だと、危険かもしれない。

 

 

6 最愛のひつまぶし

これまで、名古屋で、ひつまぶしのお店けっこう行ったんだけど名鉄百貨店のレストラン街のひつまぶしが一番好き。

焼き方がサクッとしていて、薬味に大葉が入っていて、後味さっぱりする。

名古屋に行ったら、ここのひつまぶしが絶対に食べたいんだけど、いつも並んでいるので、並ぶ時間があるときしか食べられない。

 

今回は、帰りのバスまで時間があったので、ひつまぶしも食べられた。

これで、今回名古屋でしたかったことを網羅!

f:id:danielchang:20200221002222j:image
f:id:danielchang:20200221002217j:image

これだけ活動して、ひつまぶしでおなかいっぱいだから、帰りは爆睡だと思ったら、観劇とコンサートが良すぎて、興奮していて、全然寝られなかった。

はー、名古屋楽しかったな。

貧乏性なのか、予定ギュウギュウに詰めて、全部実行できることに達成感感じるのよね。