アムール!!

柚香光様をお慕いしております

花組27代目トップスター 明日海りお様

こんばんは、ダニエルです。

千秋楽LV観てきました。

 

泣きはらして、精神的に消耗して、廃人になると予想していたのに、意外にも満ち足りていて、晴れやかな気分です。

 

f:id:danielchang:20191124211125j:image

(数日前のラスト生観劇の日の日比谷のイルミネーション。ぶれてる…)

 

明日海りお様のご挨拶のすべてが最高でした。

以下、忘却の粉のせいで、記憶がうつろなので(毎回だけど)、思い出せた順に。

 

「宝塚にすべてを捧げてきました」

はっきりとそう語る明日海さんが心底かっこいい。

本当にそうだったんだと思う。

 

「退団を発表してから、こんなに宝塚好きなのになんで退団するって言っちゃったんだろう?と思ってました。もっとずっと男役を追求したかった。」

明日海さんの退団発表以来、なんど退団しないで、って言葉を見かけたことか。

最後の生観劇で、自分もまさに「退団しないで~~~」が観劇後に真っ先に脳裏に浮かんだ。

明日海さんも退団したくないな、って思っていて、私たちも退団しないで、って思ってたって相思相愛だね…(?)

 

もしも、ずっと男役を追求してくれたら、はっちさんみたいな渋くてダンディな男役さんになられたのだろうか(はっちさん好き)。

でも、最も綺麗で完成した頂点で男役をやめるというのが、美しいかもしれないしね。

そうは言っても、この後、女優さんになられたりして、ずっと美しいお姿を見せてくださるなら、それも捨てきれない…と、3パターンくらいの未来を明日海さんのお言葉から想像してしまいました。

まあ、退団されることは間違いないというか、もう退団されたわけだから、考えても仕方ないんだけど。

 

「この調子だと、削げて削げて、身も心もなくなってしまうのではないかと思いましたが、今は身も心もふっくらしています。それは、私が捧げたものよりも、皆さまから与えられた愛が大きかったからです」

いえ、明日海さん、全然身はふっくらしてないから、心配してしまうから、退団後はたくさんご飯食べて、本当にふっくらしてほしいけど、心はきっと誰よりもふっくらしておられるのでしょう。

今日は、ことさら愛情の大きさを感じました。

同時退団の娘役さんたちへのコメントがいちいちやさしいし、かわいい。

 

明日海様「この後は、今日の24時を過ぎると、私は偽タカラジェンヌ(偽タカラジェンヌって何。元タカラジェンヌでしょう…かわいい)になるので、街で見かけたら、気軽に声をかけてください」

(客席動揺)「ザワザワ」

明日海様「え?なんで?もちろんいいですよ(にっこりと美しい笑顔)」(ニュアンス)

何、この幸せすぎるやりとり。

明日海さんといえば、マスクにメガネの完全防御スタイルでファンの方に接しておられましたが、それもすべて花組トップスターとしての責任感ゆえ、舞台をきちんと務められるように自分を律しておられたんだろうな。

これからは、ニュートラルな明日海りおさん、いやさゆみさん?になって、もともとのほんわかした雰囲気で過ごされるのかな。そうなってほしい。

 

実際のところ、街で明日海さんを見かけるという大幸運があったとしても、恐れ多くて声かけられる気は1ミリもしないけど、せっかくご本人が言っておられるのだから、私の人生にそんな時があったら、ぜひ、お声かけをしてみたいな!って人生の野望が増えました。

 

脳がポンコツなので、どの段階でおっしゃったか不明だけど、「花組27代目トップスター明日海りお、任を終えました!」は、これまで、どれだけ花組27代目トップスターの責任の重みに耐えてこられたのか…と明日海さんの背負ってきたものの重さが一瞬感じられたような気になりました。

 

ずっと、ずっと一人で重い責任を抱えてこられたのでしょう。

本当に長い間、お疲れさまでした。

明日海さんの一挙手一投足、まわりを見渡す視線、あらゆるお言葉からやり切った満足感を感じたので、さみしい気持ちはあるけど、満たされてます。

 

今日のLV観ていて、どの場面でか忘れたけど(本当に脳がポンコツだし、忘却の粉かけられすぎ)、明日海さんは、また舞台に出るつもりなんだな、と思った瞬間があったので、きっとまた会えると信じている。

 

それまでは、肩の荷を下ろして、ホッとしてほしい。

 

明日海さんで花組を知って、大好きになって、ずっと追いかけてました。

花組トップスター 明日海りお様 あなたの時代の花組のおかげで、私も見たことのない景色をたくさん見せてもらいました。

 

Never forget everything of you