アムール!!

柚香光様をお慕いしております

最近、ご贔屓がいつも泣いている

こんばんは、ダニエルです。

 

日がたつにつれ、花組公演の記憶が薄れてきています。

次の週末が、また遠征なので、それまでに書いておきたいが。

f:id:danielchang:20190908234819j:image

さて、最近、公式から供給されるあらゆる媒体でご贔屓が泣いています。

観ているこちらもつらいので(いや、こちらは観てるだけなんだけども、気持ちが入るもので)、少しずつしか、供給物を消化できてません。

観たり、読んだりするたびに、涙。

 

たぶん、ご贔屓は外見のクールさと裏腹に、もともと涙っぽい人なのではないかと思っているんだけど、それにしてもよく泣いている…かわいいし、切ないので、記録しておきます(ひどいファンでしょうか…)。

 

 

1 始めの涙?ーお稽古場映像

公演初日前のタカニュのお稽古場映像で、ご贔屓のお鼻が、なぜか赤かった。

この時点では、まだ、ご贔屓が泣いているのか、実は赤鼻のトナカイだったのか判別はついていないのですが(そんなわけない)、のちに、あらゆる媒体で泣いているご贔屓を見て、これも泣いたあとだったのだろうと今は勝手に確信している次第です。

 

 

2 涙をこらえるナウオン

いや、これ、すごい泣きますよ。

 

始めは、みんないつものナウオンみたいにキャッキャッはしゃいでる風なんです。

 

が、最後の男役群舞からのマイティ、あきら氏、ご贔屓の個人の振りの話になるあたりから、しんみりモードに突入。

そこからは、涙をこらえてモジモジするご贔屓が映ります。

 

ご贔屓は、泣いてしまったのか、コメントがうまく言えなかったのか、ただ一人、明日海さんと組んで踊る場面についてのコメントがカットされてるんですが、あの表情を見れば、気持ちは痛いほどわかるというもの。

 

おそらく、現場では泣いていたのでしょうけど、ナウオンの中では涙は見せていません。偉い。

涙を我慢する表情が随所に出てきて、もうそれを見るだけで、おばさんは涙が出てくる。

 

 

3 座談会メンバー泣きまくりの歌劇

まず、いつも歌劇を買わない人にも、購入をおすすめしたい歌劇9月号。

 

ここからは、歌劇内のご贔屓関連の部分をいくつか抜粋します。

 

・(青薔薇は)台本を見るだけで、涙が…出てくる(涙)。

・(涙を堪えて天を仰ぐ)

・(涙を堪えうなだれて頷く)

 

どうです、このキラーフレーズ。

歌劇編集部の方は、表現が詩的です。

涙を堪えて天を仰ぐって、涙を我慢する表現の中でもかなり上位になるのではないでしょうか。

 

この座談会、ご贔屓以外も、ほぼ泣いています。組長も泣いています。

明日海さんの偉大さを実感します。

 

ちなみに、歌劇の後ろのほうにある「話の小箱」で、マイティがこの座談会で、泣かないために、顔をグーで殴って「泣かない!」って言ってたことが披露されてるんですけど、なんともマイティーのやんちゃな人柄のよさを感じさせるかわいいエピソードです。

 

ヅカオタ狙いとしか思えないブルーレイケースを発見した。完全に組カラー。

これに、組別にダビングします(買ったけど、まだダビングしてない)。

by カエレバ