アムール!!

柚香光様をお慕いしております

全私が号泣。花組公演を観てきた

こんばんは、ダニエルです。

 

この週末、明日海さん退団公演を観てきました。

また、詳しく書きたいので、ざっくりと感想と今の気持ちを。

ネタバレなしです。

f:id:danielchang:20190901224914j:image

 

 

1 これぞ退団公演

正直、内容的に大満足だったかと言われると、いまいちつかみきれないままなんですが、明日海さんの退団ということが随所に感じられました。

 

忘却の粉*1を振りかけられてるのか、観劇中は、胸いっぱいになってるのに、終わってみると、ぽわ~んとしてしまうんですよね…なんでだろ?

 

 

明日海さんだけでなく、同時退団の娘役さんたちも、みんな場面をもらっていて、あたたかい退団公演。

 

お芝居も、ショーも、始めのほうはそうでもないんですが、最後のほうになると、お芝居はセリフと歌詞の一つ一つが明日海さんの退団にリンクする。

ショーも、黒燕尾からは涙なくして観られない。

この黒燕尾からの場面はまだスカステでは流れてないんですよね。

とてもいい場面なので、まだ出し惜しみしてるんでしょう。

 

 

2 星組退団公演と花組退団公演

今回、大劇場にて紅さん・あーちゃんの退団公演を何度か観られたので、ついつい比較してしまうんだけど、かなり雰囲気は異なる。

 

星組は泣き笑いだったのに対して、花組はガチで泣きます。

ファンであればあるほど、泣きポイントが多いように感じました(明日海さんの過去の振りがふんだんに盛り込まれているから)。

もう、開演前から、さめざめとした寂しい雰囲気が客席に漂ってる気がした(主観)。

チケ難だし、観させていただいてありがとうございます~~~なんですが、観ると精神的にかなりしんどい。

センチメンタルになるし、悲しい。

 

星組は、添い遂げ退団なことも、幸せに見送れる理由だと思う。

花組は、お芝居もショーも明日海さんの退団に焦点があっていて、一人の場面が結構多くて、退団から目を背けさせてくれないので、退団をまざまざと突きつけられるというか…まあ、本当に退団されるから仕方ないんですけど。

 

こんなに、泣いて、明日海さんの退団を惜しませてくれるのは、やさしさなのかな、とも感じました。

 

まだ公演始まって一週間くらいで、こんなに寂しい空気感が劇場を覆っているから、これからどうなっていくんでしょう。

 

 

3 明日海さんの偉大さを改めて実感

私も、宝塚に興味を持った時は、「明日海さんが素敵…」と言っていた口なので、そういう人多いと思う。

その後、別のご贔屓を見つける人もいるし、そのまま明日海さんがご贔屓になる人も多数いるわけだけど、結局みんな明日海さん大好きじゃないですか。

 

これまでは、花組を観に行くと、明日海さんがいつも期待を超える舞台を見せてくれていて、安心しきっていたんですよね…

明日海さんという素晴らしい存在を当たり前に思っていた。

 

改めて考えてみると、こんな素敵なジェンヌさんはなかなか現れないですよね。

こんな素敵な人の男役をもう観られなくなるのか、と実感してしまって、つらいですね。

もう充分長く務めてくださったから、仕方ないんだけどね。

 

いつも、遠征からは大興奮で帰ってくるんだけど、今回はしんみりしています。

気持ちの整理がついてないので、まだ受け止められる余裕がなく、ナウオンも観られてない私なのでした。*2

 

一部界隈で大人気のマステ(水色の)

by カエレバ

 

 

 

 

*1:青薔薇より

*2:ご贔屓が泣いてるらしい