アムール!!

柚香光様をお慕いしております

SS席で星組観てきた淑女A【エクレール・ブリアン編 】

こんにちは、ダニエルです。

 

組替えに気を取られていたら、観劇の記憶が手のひらからこぼれ落ちる砂粒のように消えていきそう。

組替えと言えば、宝塚ファンではない家族までが言及してきました。ヤフーニュースに載ると反響がありますね。

 

さて、SS席のショー編です。

 

ちなみにお芝居編はこちら。

 

www.danielchang.info

 

まず、全体の感想を申しますと、座席の良さが好感度の高さの要因であることは否めませんが、好きなタイプのショーでした。

もともと、私は全ツ「シトラスの風Ⅲ」で宝塚堕ちしており、夢夢しいクラシカルなショーが好みです(大介先生や、野口先生はたまた攻めまくりの久美子先生も大好きだけど、クラシカルなショーでも眠くならない)。

そのため、素敵素敵素敵…!!!!!と思ってるうちに終わっちゃったショーでした。

 

では、それとなく時系列に。

 

 

1 紅さんがあそこからあれする幕開き

歌劇などで言われている、紅さんが初めて銀橋から登場するやつ。

この時のお衣装が、白くて、キラキラがたくさんついていて豪華で、それがこのうえなくお似合いで、そのお姿を拝見するだけで寿命が延びるありがたさでした。

その後、組子のみんなが出てくるわけで、そうなると私はひっとんガン見してたんですが、後頭部に長めのキラキラアクセサリーと、後ろ髪が斜めのカツラで、非常に工夫が感じられ、そういったところでも星組に染まろうとしているひっとんを感じて感無量でございました。*1

 

 

2 風と少女の恋の場面 

正直、この場面を一番楽しみにしてました。こっちゃんとひっとんの次期トップコンビの場面です。

 

この場面に入る前に、舞台の準備のため、幕が降ろされ、紅さんが一人銀橋で歌い上げるんだけど、次期トップコンビの準備のために、現トップが間を持たせる(言い方)ってすごいな、と感じました。

 

そんなこんなで、こっちゃんとひっとんです。

こっちゃんは、風。ひっとんは少女。場面はパリ。*2

この二人はすごい。重力がこの二人には働かないようです。軽やか。

途中で、リフトのようなところがあるんだけど、見ていて心配にならないどころが、自分の身体まで軽く感じられるよう。

 

最後は、少女は風のことを忘れて去っていくんだけど、なぜかこの組み合わせは、こっちゃんが追いかけるのが似合いますね。ひっとんは、お慕い芸が似合うタイプではないんだろうな…まぁ、ひっとんはできる娘なので、一般的なお慕い芸は普通にできそうだけど。

 

 

3 せおっちが大活躍

風と少女の場面のあと、しばし記憶がないんだけど、気付いたらせおっちが下手で爆誕

し、銀橋を娘役さんたちを引き連れて、歌い渡ってました。

せおっち、お歌上手になってますよね。

今回、目立つ場面がたくさんあったので、新体制では3番手になるかな?と思いながら観ていたのに、先日の組替えで愛ちゃんが来ることわかったしな…

あとは、銀橋で、せおっちに絡むのが、水乃ゆりちゃんだったので、この子はやはり推されてるんですかね。

 

 

4 圧巻だったボレロ

ここが一番SSで観れてよかった!と感じた場面。

席が遠いと、舞台の集中力が届かなかったかも。

ピンと張りつめた空気感が伝わってきて、こちらも緊張するくらい。

 

ひっとんは、小顔で超スタイル良いし、姿勢がよいので、どこでも発見しやすいのですが、この場面でも後ろ姿でもすぐに発見できて、誇らしかったです(?)

ここのひっとんも、小顔で髪をキュッとまとめていて、ソーキュートなのです。

 

こういう団体の力を感じる場面は、全体を見たいんですけどね…どうしても、ご贔屓スターを見てしまう。

 

 

5 極楽鳥は紅さんの左側に注目

初日映像で観てから、生観劇を心待ちにしていた場面。

極楽鳥…、超ハイレグの極美慎くんと、ひっとん(と天華えまくんと、くらっち)。

私注目の二人は、紅さんの左側に配置されていたので、そちらをガン見。私得な配置でした。

 

ひっとんは普通にかわいいし、大人っぽい表情もがんばっていて、本当になんでもできて感心。

極美くんは、男役さんなこともあって、足も男らしいというか、女性らしい丸みは皆無。こんな格好はだんだん見られなくなるだろうから、希少性高い。

 

 

6 エトワールのひっとん

次期トップ娘役のエトワール披露、批判的意見もありますが、私は今回のエトワールは大歓迎派です。

ひっとんは、確かにダンスが上手ではあるけど、首席なだけあってお歌もそこそこ聞かせます。つまり、何でもできるんだけど。

エトワールは歌うまさんに任せるべき、って意見もあるけど、他組からきて、トップになるひっとんへの最大限の配慮を感じられて、嬉しかった。

 

紅さんとあーちゃんの退団公演なのに、ひっとんばかり観ていてごめんなさい、なところはあるんですが、もちろん紅さんとあーちゃんも焼き付けてきましたよ!

ひっとんには思い入れがあるので、圧倒的にひっとんのことばかり書いてるけど。

 

星組、お芝居も、ショーも満足度高かったです。

 

↓ お芝居では、天使のようなフェリシアを演じるひっとん。ショーでは打って変わって踊りまくるひっとんが観れる。 

by カエレバ
by カエレバ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:星組は、髪形へのこだわりが強そうなイメージ

*2:昨年の花組BGのパリの場面でご贔屓と、ひっとんが組んでいる場面が大好きだったので、何も同じパリにしなくても…とちょっと思ったけども