アムール!!

アラフォー社会人の宝塚フォーエバー日記です。ご贔屓は柚香光様。観劇記録、人事(への願望、独り言)、観劇ファッション。アムール!

SS席で星組観てきた淑女A【食聖編】

こんばんは、ダニエルです。

先日、SS席で星組観てきました。

 

 

 

1 私と宝塚の座席

私の主なチケット確保手段は、友の会と、会*1

友の会のステータスは、ダイヤモンドなのだが、そのわりに当たらない。

原因は、私が地方民かつ平日勤務なので、土日祝日を狙って入れてるからだと思う。

当たらない、と言っても、ここ数年は、月に一回は何か当たるくらいのペースになっていて、友の会には好感を抱いている。俺たちは、すでに友達だと信じている。

友会に文句言う人は、少なくとも三年以上継続してから文句言ってほしい。その頃には、少しはお友達らしくなるので。

 

で、何が言いたいかというと、友会は当たると、なかなか良席を用意してくれる、ってことだ。ね、いいヤツでしょ?

というわけで、今回のSSは友会が用意してくれました。

 

 

2 星組とのスタンス

星組さんといえば、私のなかで最も縁遠い組。

贔屓組は、花組。もともとは宙組で宝塚デビュー。月組、雪組もわりと観に行く。星組は…明日海さんではないけど、運動会のことがあるし*2、体育会系なノリが恐ろしかったりして、なかなか観に行かない組なのだった。

 

それが、ここにきて、観劇意欲が大変湧いているのは、ひっとんがいるから。

まあ、私は、演目内容を楽しむよりは、スターのキラキラ摂取に重点を置いて宝塚を観ているので、好きなスターがいると、それだけで観劇する理由になる。

ひっとんは、ご贔屓の次に好きなジェンヌさんなので、ひっとんの星組デビューを見守らない選択はないのであった。

 

あと、星組といえば、極美くんも好きです(かいちゃんも好きだった。OGになった今は、ますます好きだけど)。我ながら、美形好きがよく伝わるチョイスで、お恥ずかしい。

 

 

3 SS席から観た食聖

で、ここまで前置きだったんだけれども(長)、つまり、紅さんや、あーちゃんをガッツリ観るぞ!ってスタンスではなかったんだけれども、SS席だと、紅さんも、あーちゃんもとてもよく見えるのだった。

 

紅さんは、キラキラキラキラしていて、これは、間違いなく、スターさんだった。銀橋渡るときに、下々の我々に視線をくださるんだけど(へりくだり)、ありがたかった。紅さんに見られたら、寿命伸びる気がした。

 

あーちゃんは、本当にかわいくて、これが「かわいい女子か!」、って水に触れた「ウォーター」を理解したヘレンケラーのように、かわいいを瞬時に悟れた。

あーちゃんのアイリーンは、ピンクのカツラなんだけど、こんなありえないカツラが似合うってどういうことでしょうか。

「らんま1/2」のシャンプーちゃんを彷彿とさせるカンフー少女(シャンプーの髪は紫だけど)。立ち回りについては、花男で迫真の殴り合いを観てきたところなので、もうちょっと素早くてもいいかな、って思ってしまったけど、それでもかわいいので、すべてかき消された。勝気な役だけど、あーちゃんが演じるとかわいいから、嫌な女にならなくていいですね。

私、観た回は、真剣白刃取り、失敗してたけど、それもかわいかったぞ。

 

あとは、近くで見て美しー!となったのが、せおっち。星組ファンでなくても、好感しかないせおっち。面白お兄さん的キャラと認識していたけど、間近で見るせおっちは大層美しかった。

お芝居の始めは、ご当地アイドルのパラダイス・プリンスではなく、天人として出てくるんだけど、そのお姿が人間離れしていて、せおっちって美しい人なんだわ。

 

パラダイス・プリンスのみなさんは、売れないご当地アイドルだけあって、みんな微妙なカツラで、誰が誰か判別が難しかった。極美くんは金髪。天飛くんはデコだしなので、わかりやすい。ぴーすけくんが、ぴーすけくんと認識しづらく脳が混乱した。

天希ほまれくんは、OSO以来応援している星組のイケメンなので、今回アイドルチームに入っていて誇らしかった(?)。やはり、私は生粋のイケメン好きなのであった。

 

お目当てのひっとんは、相変わらず優等生のひっとんで、堂々とクリスティーナちゃんを演じていて、勝手に誇らしかった。安室ちゃんっぽい大スターを大人っぽく熱演。

最後に、リー・ロンロンに、眼鏡男子が好きだから「最初から好みのタイプだったの」って言ったときは、ちょっと寂しかったけどね…!(まだ星組にひっとんを取られた感のある花担なのです、すみません。)

 

ところで、ここまでほぼお芝居の内容に触れていないけど、SS席だったからか、話の内容というようりも、スターさんにキャー!キャー!と心の中で騒いでいるうちに一幕が終わっていたのです。

ストーリーは、ホンが満漢全席全く作ってないことは気になったけど笑、天界と、上海とシンガポール、小林寺とカオスの世界が入り混じるのに、よくまとまってる。

笑えるし、温かいお話で、こういう退団公演もいいよな~!と思いました。

 

紅さんと、あーちゃんのポスターに出てるお衣装が出てくるとテンション上がったよね。

 

他にも、お衣装が気になったところは結構あって、初っ端から、エクリプス(女子アイドルグループ)のお衣装がCASANOVAのコンデュルメル夫人の僕たちのお衣装で、こんなすぐにお目にかかれるなんてw

花組関係では、Sante!!のコックさんのシーンのお衣装も、料理対決で出てくる。

宙組のソーラン宙組のお衣装もそのまま出てくるから、これは宙組でなくても着られるんだ!と思ったよ。

最後の場面では、ホン・シンシンと、アイリーンのお衣装には「紅」の漢字が、リー・ロンロンとクリスティーナのお衣装には「礼」の漢字が入っているあたりにも愛情を感じた。

 

笑えて、ホロリときて、宛て書きで、いい退団公演でした。

 

アデュー

 

星組では、これが好き。

by カエレバ

 

 

*1:いわゆるファンクラブ

*2:100周年運動会当時、私は宝塚ファンではないんだが