アムール!!

宝塚への愛を叫ぶブログです。観劇記録、人事、観劇ファッション。アムール!

七海ひろきさんの「でぃあれすと」のおかげで全人類にやさしくできるようになった

こんにちはこんばんは、ダニエルです。

 

昨日の七海ひろきさんの「でぃあれすと」聞きました?

私、今一番楽しみにしてるラジオなんです。

まず、かいちゃんの声が素敵。α波出てる。女性、男役、男性のどれに分類するのが最適かわからないけど、いい声なのです。

それで、お話の内容も、嘘偽りのないかいちゃんの気持ちを誠実に語ってくれているように感じられて、キュン♡とくるんですよ。

そして、合間合間に流れてくるひと昔前に流行った曲の数々。

これがまた、私は世代的にグッとくる曲ばかり。当時とりたててはまってなくても、時代のフィルター通すと、いろいろ思い出すような名曲をチョイスしてくれてるんだな~

 

そんなこんなで、2回目の放送も楽しんでいたのですが…途中から正気を失って、テンション上がりすぎてしまって記憶がありません。

つぶやきまくったツイッターを頼りに、昨日の放送を振り返ってみたい。

 

flumpoolの「星に願いを」が流れてたところまでは、まだ冷静でいられたんです。

かいちゃん退団のショーで歌った曲をチョイスするなんて!泣いてまうやろ…ってしんみりしてました。

 

そしたら、かいちゃんが「乙女のポリシー」を紹介したんですよ。え?そのタイトル聞き覚えあるけど?ってセーラームーンのエンディングテーマ!!*1

ある年代のジェンヌさんと同じく、私もセーラームーンが遺伝子に組み込まれているというか、セーラームーンの影響を多大に受けています。

私は、アラフォーなので、セーラームーンのアニメ放映時、中三の受験生で、周りにはアニメオタがおらず、いい年してアニメにはまっていることも言いにくい時代で、一人でこっそり熱烈にはまっていたのでした。

その頃は、SNSもないから、仲間にも出会えないしね。

どちらかというと、マンガよりは、サイドストーリー多めのアニメにはまってました。

ナルちゃんの恋で完全にファンになりましたね…

私の第一次オタク期であります。

その後、高校デビューして大学、社会人とリア充路線を偽って過ごしてきて、35歳過ぎて第二次オタク期(ヅカオタ)に突入しました。どうでもいい自分語りをしてすみません。

 

そこからは、もう舞い上がっちゃって、あまりかいちゃんの話を覚えていないのですが、かいちゃんも舞い上がっていたように思います。

だって、かいちゃん歌いだしたからね、「乙女のポリシー」を。

 

いや、でも「乙女のポリシー」めっちゃいい曲だった。

かいちゃんは、セーラームーンの女子ががんばってるってところが好きらしい。

♪どーんなピンチの時も絶対あきらめない

の精神とか、グッとくるようでした(本当、私気を失ってたから記憶が曖昧。ごめん)

かいちゃんは、セーラームーンについて、熱く熱く語ってたんだけど、夢中になりすぎて、覚えてないんだ…とりあえず、かいちゃんの推しキャラはウラヌスでした。*2

 

そして、セーラームーントークが終わって、やっと一息つけると思いきや、かいちゃんがリスナー希望の言葉を話してくれるって恐ろしいコーナーですよ!!!(白目)

 

このコーナーの怖いところは、そもそも攻撃力強いワードに、かいちゃんが萌え萌えシチュエーションを設定して、更に攻撃力を増していく、っていう…平常心でいられないコーナーなんですよ。

 

昨日は、もう、ね、告白されましたもんね、私。

「好き」、って言われてからの~「愛してる」ですよ。

 

こんなセリフを照れずに、むしろ設定を盛り込んで言うってどんな荒行なんですか!!

 

告白されずにここ数年過ごしている身としては、かいちゃんの言葉が砂漠に水が染み渡っていくように心が潤いました…

ときめきって心のサプリメントだね…意味わかんないけど、そういうこと言いたくなるほどにはキュンキュンしました。

 

今年の神ラジオは決定したも同然です。

しかも、明日(6/12)は再放送があるんだな。

私、次の放送は録音を試みる予定です。

気持ちの弱ったときに、これを聞いて気持ちを盛り上げます。

これを聴いたら、全人類にやさしくできそうです。

いや、全人類どころか、生きとし生けるものすべてを慈しみたい気持ちでいっぱいです。

かいちゃん、ありがとう…

本当に、すばらしいラジオです。

 

それでは、みなさんも、ピッと凛々しく♪

 

アデュー

*1:正しくは、セーラームーンRのエンディングテーマ

*2:これ、何かに書いてあって、知ってた気がする。グラフかな?